ぼやくCAくわちゃん<職務経歴書の中身、もっと濃くできるのに>

日々、たくさんの転職希望者の相談を受けるCA くわちゃん。

時には、「あ、ちょっともったいないなぁ」と感じることもあります。仕事終わりに、ついついぼやきたくなることも(笑)

そんなくわちゃんの優しいダメ出しを聞いてみてください。
求職者のみなさんに「こうして欲しいな」と伝えたい、アドバイスが隠れていますよ。

「職務経歴書、さらっと書きすぎなんだよなぁ」

今日の相談者さんが持ってきてくれた職務経歴書、もっとたくさん書けることがあったなぁ…。

今までの職種と経験してきた仕事が単語だけ並んでいるだけ。
志望理由も「貴社の経営理念に共感して」の一言。

あれじゃあ、人事の人が拾えるポイントがないよ。
職務経歴書は、最初のご挨拶だよ。

その中身を見て「会ってみたい。この人はうちで活躍してくれそうだ」って思ってもらえるポイントが要る。

人事の人が見るだけじゃなくて、社内で稟議を上げて、上司のOKをもらうためにも使われるんだから。

「直接会って言葉で伝える」以前に、読み手が拾いたくなる話がなにかをちゃんと考えないと。

「具体的なエピソードがあるだけで、あなたの人柄が伝わるのに」

そもそも自分ならではの具体的な内容を書かないといけないよね。

あんまり細かいことを書いてボリュームが膨らみ過ぎるのもNGだけど、ただの単語の羅列や誰にでも共有する当たり障りのない言葉では、「あなたを採りたい」とはならない。

自分の能力、強み、経験値を明確に示せるエピソードをきちんと選ばないと。

「貴社の経営理念に共感して」も、どう共感しているかを書かなきゃ。

自分のこれまでの道のりや、今の考えを深掘りしたら、職務経歴書で伝えられることはたくさんあるはずなのになぁ。

「どんな求人かちゃんと読んでいるの?」

ただ具体的に書くだけじゃなくて、募集職種や仕事内容に合わせないと。

技術なら「××の作業も、△△の作業もできます」とか。
営業なら「〇〇なエピソードがあって、コミュニケーション能力を認められてきた」とか。

企業が今回の募集でどんな人材を求めているのか想像して、そこに合致する自分自身の魅力を伝えないとね。もちろん、一言で「技術職」「営業職」って言ってもいろいろあるから、その会社の業態なんかも読み取らないといけないけどね。

なにを書いていいか分からないなら、自分をよく知っている人やエージェントに相談したらいい。

「あなたがアピールすべきはここだよ」「この募集内容ならこういう中身にした方がいい」って客観的なアドバイスを参考にするのがオススメ。きっと自分では見えていない強みにも気づけるよ。

あ〜、あの経歴書のままで応募したらもったいないなぁ。

  • ―今日もこうして夜が更けていく。職務経歴書でお悩みのみなさん、くわちゃんのアドバイスを聞いてみてはいかがでしょう?

筆者プロフィール

くわちゃん
株式会社名大社
キャリアアドバイザー
 
名古屋市出身 名古屋市在住。
カメラマン、法人・個人のお客様に寄り添う生命保険営業を経験し、キャリアアドバイザーとして名大社に入社。
「CAくわちゃんの転職お悩み相談室」の通り、あなたの転職の悩みにしっかりと向き合います!転職への想いをぜひお聞かせください。

くわちゃん

くわちゃん

関連記事

人気記事一覧

殿堂入り記事

関連記事