CAくわちゃんの転職お悩み相談室 <転職の面接で本音を語るのも、建前を語るのも難しい...>

CAくわちゃんの転職お悩み相談室」では、名大社のキャリアアドバイザーの「くわちゃん」こと桑山栞が、あなたの転職の疑問やお悩みにお応えします。
今回は、面接で伝える内容に関するご相談。あなたは、本音と建前の使い分けに悩んではいませんか?

相談者

相談者

――新卒で入社した会社を辞めて転職活動中です。

退職を考えた理由は「仕事内容のミスマッチ」でした。
お客様にどんどん提案できる営業を希望していましたが、別の職種の担当になってしまって…。
一方で、営業の人の仕事ぶりを見ていても、大変そうで、自分のやりたい仕事は営業だったのか?とズレを感じて…。
別の可能性を探りたいと転職を決めました。


でも、ネガティブな理由で辞めてしまったため、「退職理由は?」という質問に正直に答えていいものか迷っています。
本音を隠そうと建前の理由を考えてみましたが、上手く伝わっている気がしません。
どう伝えたらいいのかモヤモヤしています。

ご相談ありがとうございます!
なるほど、本音が言いづらくて困るのは、転職の面接ではありがちなお悩みですね。

くわちゃん

くわちゃん

まず、無理に繕った建前は人事担当者になかなか響かないと思います。

実体験のない話の筋を通すのは難しいですし、
あれこれとそれらしい理由を並べるのも、かえって空々しくなるものです。

「前の職場が自分には合わなかったから辞めた」は伝えづらい気持ちも分からなくはないですが、
「嘘ついているんじゃないか」と疑念を抱かせては意味がありません。

かといって、なんでも包み隠さず正直に言えばいい訳でもありません。

伝える必要のないことで第一印象を悪くする必要はないので、そのバランスは難しいですよね。

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

そうなんです!

本音を伝えようとしても、「これを言ったらマイナスでは」と考えてしまうと、どんなことを話したらいいのかわからなくなって…。

不安になるのも分かりますが、あれもこれもダメかもと思い込みすぎない方がいいですよ!

転職の原因を一歩引いて客観的に分析してみましょう

前職を離れざるを得ない理由が自分以外のところにあったのなら、事実に基づいてきちんと伝えることで、ミスマッチを繰り返さずに済むかもしれません。

くわちゃん

くわちゃん

「自分の経験や置かれた状況をどう分析していいか分からない」

「ひとりでは上手に伝えるための言葉が見つからない」

そんな時は、私たち転職エージェントに相談してください!

転職でつまずいてしまった方をサポートするのが私たちの役目です。
心の中にあるものを一度全部吐き出してみてください!
それから、どう伝えたらいいか一緒に考えましょう。

本当の気持ちをきちんと伝えられるようにアドバイスします。

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

ありがとうございます!

自分ひとりで考えて、本音が出せずに面接で失敗しているので、一度全部聞いてもらえたら嬉しいです。

筆者プロフィール

くわちゃん
株式会社名大社
キャリアアドバイザー
 
名古屋市出身 名古屋市在住。
カメラマン、法人・個人のお客様に寄り添う生命保険営業を経験し、キャリアアドバイザーとして名大社に入社。
「CAくわちゃんの転職お悩み相談室」の通り、あなたの転職の悩みにしっかりと向き合います!転職への想いをぜひお聞かせください。

くわちゃん

くわちゃん

関連記事

人気記事一覧

殿堂入り記事

関連記事