取り返しのつかない事態を招きうる"大手志向"の落とし穴

いわゆる“大手企業”で働きたい。

みんなよく知っている、聞けばすごいと思うような企業で働きたい。

そういう企業で働いていないと恥ずかしくて人に言えない。

学歴など自分の過去の実績を踏まえれば、そのくらいの企業に入らないと。

 

もしも、あなたがこんな思いで転職活動をしているとしたら、

少し立ち止まって、考え直してみるのをおすすめします。

 

規模感を重視して企業を選ぶ“大手志向”の方は少なくありません。

大手を目指すのがダメだとも思いません。

でも、その理由が冒頭に書いたようなものだと、転職活動もその後の仕事もうまくいかないケースが多々あります。自分を顧みるヒントになるお話ができたら嬉しいです。

  • この記事のポイント

    ・周りに自慢するための大手志向になってない?
    ・規模だけで安易に選んだ企業では、採用されるのも難しい
    ・素直な自己分析で、自分に合う企業の可能性を広げる

誰かに自慢するための企業選びはやめる

まず、あなたが大手企業を目指す理由はなんでしょう?

「挑戦したい仕事がそこにあるから」

「自分がステップアップできる環境があるから」

その会社で働く意味を明確に見出せているならいいと思います。

 

でも、「名前が知られているから」「規模が大きいから」という点だけで選んでいるのなら、もっと慎重になるべきです。

まして「この会社に入ったら周りに自慢できる」なんて思っているとしたら、仕事は誰のためにするものかを考え直して欲しいです。

 

仕事はあくまでも自分の幸せのためにするもの。

大企業だからと入ってみたが、まったく合わない働き方、環境だったら。結果的に辛い思いをするか、あるいは、また転職を繰り返すことになりかねない。

そもそも、そんな明確な理由もないままでは、転職活動もなかなか上手くいかないでしょう。企業に必要と思ってもらえず、内定が得られず途方に暮れてしまうかも…。

 

取り返しのつかない事態になる前に、まずは外向きのプライドは捨てて欲しいです。

少し楽になると思いますよ。

自分と改めて向き合う。自己分析をしっかりと

「大手企業に入らないといけない」という枠をつくると、自分がどんな人かを捉えるのも難しくなると思います。「大手に入る自分は、こんな人であればいいはずだ」とフィルターをかけると、自己PRもどこかちぐはぐになってしまう。自分に本当に合う職場も見つからなくなってしまう。

 

先入観は捨てて、今の自分の経験値、得意なこと、したいこと、フィットする環境など、素直に自己分析してみましょう。“大手”という縛りをなくせば、可能性はきっと広がります。

 

「大企業で働く=幸せ」が絶対ではありません。あなたが本当に幸せに働くために必要なものはなにか。自分としっかり向き合うと、違う世界が見えてくると思いますよ。

筆者プロフィール

クロさん、
株式会社名大社
キャリアアドバイザー
 
愛知県出身愛知県在住
東京のIT系技術商社で、文系出身ながら営業職として奮闘。その後、愛知へUターンして名大社に入社。
冷静沈着に筋の通ったアドバイスを重んじるキャリアアドバイザー。

クロさん

クロさん

関連記事

人気記事一覧

殿堂入り記事

関連記事