CAくわちゃんの転職お悩み相談室 <面接が苦手なんです...>

「CAくわちゃんの転職お悩み相談室」では、名大社のキャリアアドバイザーの「くわちゃん」こと桑山栞が、あなたの転職の疑問やお悩みにお応えします。

今回は、面接で苦戦しているとお悩みの方からのご相談です。

相談者

相談者

面接でつまずいて困っています。

書類選考は通るんですが、面接で何度も不採用になっていて…。
最終面接まで残ったのにダメだった会社もありました。

学生時代の就活以来の久しぶりの面接だったので上手くいかなくて、なにを伝えたら良いのか分からなくなってきました…。


アドバイスをもらえませんか?

ご相談ありがとうございます!

まずは転職活動における面接の意味を考えてみるといいかもしれませんね。


「学生時代の就活以来」と言いますが、そもそも新卒採用の面接とはまったく別物だと思ってもらうのがいいんですよ。

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

新卒と中途の採用は、別物ってことですか?

新卒採用では、一次、二次、最終と何度も面接を行い、各回で会社側の聞きたい質問が設定されています。何人もの応募者の回答を聞き、採用する人を決めるわけです。

一方、中途採用の面接は、会社から応募者への質疑の場ではなく、転職者と会社がお互いに条件をすり合わせる場だと考えてください。

くわちゃん

くわちゃん

会社側は、応募者のスキルや経験を聞いて自社に必要な人材かを判断する。
転職者は、業務内容や職場環境について詳細に確認し、自分が納得して入社できる会社か見極める。

質問に応えて評価を受ける機会ではないので、転職者は会社に「採用したい」と思ってもらえる情報を出しつつ、知りたいことを積極的に引き出さなくてはいけません。


書類が通るなら、会社はあなたの経歴を見て「会ってみたい」と思っているはず。

その興味を深める情報を伝えられていないのかもしれませんね。

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

なるほど、新卒採用との違いがきちんと理解できていなかったと気づきました。

受け身で質問にお応えするばかりでなく、自分から発言する必要があるんですね。

そうですね!

中途採用は短い時間で採否が決まります。きっと、面接の機会は1、2回でしょう。
採用担当者による一次面接、その後、社長や取締役が最終面接という流れが一般的かな。

話題を投げかける際には、一次と最終で内容を変えるといいですよ。

例えば、採用担当者には、仕事の詳細など現場感についての話をするとか。
社長や取締役には、会社の将来ビジョンなど事業を俯瞰する話をしてみるのはいかがでしょうか。


最終面接で仕事内容を聞いていては、「そんなことも知らずに最終面接に臨んでいるのか」とあなたの印象を悪くしかねませんよね。

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

なるほど、確かに。参考にします!

それから、最近はWeb面接が当たり前になりましたよね。

画面上で伝わる雰囲気がイマイチで採用を止まるケースもあるそうです。
ちょっとしたコツでマイナスの印象を与えずに済むので、事前に準備して望みましょう!

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

Web面接、確かに不安です!
いまいち相手の様子もわかりづらいし・・・。

Web面接は不慣れで不安だったら、一緒に練習しましょう!
自信を持って臨めるようにアドバイスしますよ!

くわちゃん

くわちゃん

相談者

相談者

ありがとうございます!ぜひお願いします。

筆者プロフィール

くわちゃん
株式会社名大社
キャリアアドバイザー
 
名古屋市出身 名古屋市在住。
カメラマン、法人・個人のお客様に寄り添う生命保険営業を経験し、キャリアアドバイザーとして名大社に入社。
「CAくわちゃんの転職お悩み相談室」の通り、あなたの転職の悩みにしっかりと向き合います!転職への想いをぜひお聞かせください。

くわちゃん

くわちゃん

関連記事

人気記事一覧

殿堂入り記事

関連記事