「転職」を考えよう-書評編①-

せりさん

せりさん

こんにちは。はじめましてですね。オギウエです。
以前は営業として、企業にイベントやナビの提案をしていましたが、今年の1月から人材紹介事業部に異動になり、新しい環境でのお仕事に取り組んでいます!

エージェントのお仕事にチャレンジということで、まずは「転職」をテーマにした本から学んで見ようとおもった次第です。
書評を書いていきますので、よかったら、転職をお考えの皆さんの参考にもなればと思います!

「転職」をテーマにした本は沢山あり、何から読んだら良いか迷いますよね…
ぜひこの書評を読んでいただき、本を選ぶきっかけになってもらえたら嬉しいです。

1.jpg

記念すべき第一回目の本は「転職大全」です。

「転職大全 キャリアと年収を確実に上げる戦略バイブル」小林毅

転職においての心構えから、エージェントのこと、実際の職務経歴書の書き方や面接の対策まで載っています。会話形式で書かれているので、とても読みやすいです。 この1冊で、転職準備、転職の進め方が良く分かると思います。

この本がおすすめな人

  • 転職を考えている方・転職活動に踏み切れない方・初めて転職する方・転職活動中の方・なんとなく転職をしてきた方

印象に残った内容 

『人の価値は自分だけが決めるものではなく、他者評価によっても決められるという感覚が転職マーケットでは大切』

中途採用において、企業は即戦力採用・経験者採用を重視しています。
転職活動では以下のポイントを意識することが重要です。

①自分という人物をどのように見てほしいのか

②求人企業から、あなたが欲しい、と思わせることができるのか

③求人企業があなたを採用した後、どのような変化が起こるのか

企業はあなたを採用すると良い変化が起こることを期待しています。
①のポイントは職務経歴書を記載するうえでブラッシュアップをしていると思いますが、②③の視点を忘れてはいませんか?「相手に自分のイメージを持ってもらう努力」を意識することをおススメします。

『紹介サービスを利用した時、求職者は有利。コストの負担もなく、日程調整、内定の交渉などの多くの情報提供をしてもらえる。ただし、厳選採用となるので採用のハードルが上がる。企業は紹介手数料を払ってまで採用したいかどうかを吟味する』

紹介サービスでは、キャリアアドバイザー(以下CA)と今までの経歴やご経験を整理することができ、相談者にとって最適な求人をご紹介します。
弊社の転職エージェントであればCAが企業担当も兼任しているので、その企業の詳細情報や気になるところや不安事などもぜひぶつけてください!

『多くの人が転職を目的化し、内定がゴールになっている』
『転職は手段であり、目的ではない』

転職のきっかけは様々だと思います。
例えば、現在の仕事に不満を抱き転職をする場合、転職先が決まることをゴールとしてしまう方が多いように感じます。こういった場合、現在の仕事のどのようなところに不満があるのか、現在までこの仕事を続けられたモチベーションは何か、自分は何ができて、次の転職に何を望み、何をやりたいのか。このような深堀りをしてみてください。
そこから次の転職のヒントや、あなたの強みが出てくると思います。

最後に…

この「転職大全」を読みながら自分を知り、市場を理解する、相手を知り、職務経歴書や面接対策を行ってみてください。

「計画を立てずにたくさん応募して内定をもらう1社」ではなく、「自分の強みや市場を知ったうえで決まった1社」を選ぶのはいかがでしょうか。

次回もワタシと一緒に学びましょう!お楽しみに!!

筆者プロフィール

せりさん
株式会社名大社
キャリアアドバイザー
 
1996年愛知県生まれ。愛知大学出身。
新卒で名大社に入社し、2020年までは広告営業の部署にいました。
営業で身につけたヒアリング能力を活かし、求職者や企業のために日々奮闘中です!

せりさん

せりさん

関連記事

人気記事一覧

殿堂入り記事

関連記事